Latest Entries

犬マユゲでいこう はじめての犬マユゲ

 DSC_0409_R.jpg

新刊登場!

今回は事前に発売日を確認できていたので苦労することなく入手できました。
駅周辺の本屋にあったのは意外でした。

前巻は初版絶版でしたが、今回はどうなのでしょうね。
いずれにせよ欲しい人はお早めに。

内容はいつもの。
相も変わらず独自路線を突っ走っておりますが、そこがいい。


寒くなってきました。
今年もあと少し。

では、また。

もみじ寺

 いつのまにか恒例となった水曜日の有給!
今回は紅葉でも見に行こうかと、茨城県まで行ってきました。

いつも見てる朝のNHKのニュースで紅葉の名所として取り上げられてた、もみじ寺までいってきました。
正式な名前は永源寺というそうです。

常磐道を経由してクルマでおよそ2時間半の道のり。

DSC_0394_R.jpgDSC_0393_R.jpgDSC_0392_R.jpgDSC_0389_R.jpgDSC_0388_R.jpgDSC_0387_R.jpg

紅葉なかなりいい感じでした。

なお、お寺自体はかなり小さく、観光用にあまり整備されている感じではありません。
一応お寺の駐車場はありますが、素直に駅周辺の駐車場に止めたほうが無難かと思います。
平日で行列を作ってたので、紅葉の時期の週末は覚悟をするべきかと。

なお、寺自体はお地蔵さんを含めて石像が多かった印象。
中にはこんな変わり種も・・・

DSC_0391_R.jpg

ディ〇ニーはまずいですよ!


その道中、以前にも訪れた袋田の滝にも立ち寄り。

こちらは紅葉についてはいまいちでしたが、以前は5月で今回は11月ですから、
見え方もまた違ってくるというのはいいですな。
冬の寒い時期には凍ることもあるそうなので、それはそれで見てみたい。

DSC_0404_R.jpgDSC_0408_R.jpg


帰りはちょっと渋滞にはまったけど満足いくドライブでしたとさ。

では、また。

東京モーターショー 2017

 今年もこの季節がやってまいりました。
今日は天気も良く、気温も高く、絶好のお出かけ日和。
恒例となったプレビューデーでの出陣となります。

撮ってきた写真とテキトーな解説、感想を入れるだけのいつもの更新ですがお暇なときにでもどうぞ。

DSC_0101_R.jpg

舞台はいつもの東京ビックサイト。
いい天気です。

まず向かった先はトミカ。
去年結局買えなかったためのリベンジ。
とはいえ、トミカの場所を探すのに手間取り1時間並ぶ羽目に・・・

でも無事ゲットできました!

DSC_0383_R.jpg

TMS記念のGT-RとNSX!
一つは友人への贈呈用で一つは自分用。
自分用はNSXの予定。

結構まとめて買ってる人もいましたね。
2つしか買ってないのはむしろ珍しいほうなのかも。

DSC_0103_R.jpg

トミカ印の車両も展示してあったのでまずは1枚。


ここから本番。
まずは西館からスタート。

まずは輸入車組。

変態シトロエン。
DSC_0104_R.jpgDSC_0105_R.jpg
C3のカクタスとピカソ。
独特のデザインですが、もっと評価されてもいいのでは。

となりにはグランツーリスモのブースが。

DSC_0107_R.jpgDSC_0108_R.jpg
ザガート。どうやらグランツーリスモ登場予定のクルマのようです。
これは楽しみ。


ボルボ。
DSC_0109_R.jpg
DSC_0112_R.jpgDSC_0111_R.jpgDSC_0110_R.jpg
新型のXC60。
黒いのがガソリン車で白いのがPHEV車でした。
どのメーカーでも電動化が進んでいるのがわかります。



トヨタ。
DSC_0113_R.jpgDSC_0114_R.jpgDSC_0115_R.jpgDSC_0116_R.jpg
ミニバンのFCVコンセプト。
大きくて重いエンジンを必要としないので自由な形ができるので、
スポーツカーをもちろん、スペース効率が重要なミニバンでもこういった今までにないカタチができるのは何よりでしょう。


DSC_0118_R.jpgDSC_0119_R.jpgDSC_0120_R.jpgDSC_0121_R.jpgDSC_0122_R.jpgDSC_0123_R.jpgDSC_0124_R.jpgDSC_0125_R.jpgDSC_0126_R.jpgDSC_0127_R.jpg
新型クラウン。
エンブレムには"RS"となっていたので、次期型にもターボモデルがあるのでしょうか。
全体的に若々しいデザインですが、現行型同様アウディのような大口を開けたグリルとなっています。
現行モデルを踏襲したデザインとしているあたり、一定の評価を得ているという判断でしょうか。
私は受け付けませんが。


DSC_0128_R.jpgDSC_0129_R.jpg
JPN TAXI。
タクシー専用車ということでしょう。
セダンスタイルではなく、ハッチバック形状としたのは時代の流れを感じざるを得ません。

DSC_0130_R.jpg
後部座席に座ってみましたが足元は広々。
後輪駆動で設計の古いコンフォートとは比べるまでもなさそうです。
いずれ町中に溢れかえるかも。

DSC_0133_R.jpgDSC_0132_R.jpg
バスも。
燃料電池車ということらしいですが、中を見たり座ってみる限りは普通のバスでしたねw


DSC_0135_R.jpgDSC_0134_R.jpg
DSC_0136_R.jpg
コンセプト愛i。
人工知能搭載のクルマ、らしい。
自動運転については今後避けられないテーマですから、今後もこういったコンセプトカーは登場してくるでしょう。


DSC_0139_R.jpgDSC_0137_R.jpgDSC_0140_R.jpg
新型センチュリー。
20年ぶりの新型。ついに国産唯一のV12が終了しV8のハイブリットとなる模様。
この独自のデザイン、雰囲気を貫いているのはいかにも日本的でトヨタ的。
個人的にはフェンダーミラーを標準としてほしかった。


DSC_0147_R.jpgDSC_0146_R.jpgDSC_0145_R.jpgDSC_0144_R.jpgDSC_0143_R.jpgDSC_0142_R.jpgDSC_0141_R.jpgDSC_0148_R.jpg
GRハイブリットコンセプト。
所々に86の匂いがしますね。
トヨタは市販車ではいまだにハイブリットのスポーツタイプの車種を出してませんので、
そろそろ出してもいいころだと思うんですがねぇ。


DSC_0153_R.jpgDSC_0152_R.jpgDSC_0151_R.jpgDSC_0150_R.jpgDSC_0149_R.jpg
ヤリスWRC。
今最もモータースポーツに熱を入れているのがトヨタ。
ヤリスは日本ではヴィッツとして売られているコンパクトカーですが、その面影はまったくなし。
このオーバーフェンダーと派手なエアロには惚れる。


DSC_0154_R.jpgDSC_0155_R.jpgDSC_0156_R.jpg
TS050。
結局今年もルマン制覇はならず。
とはいえ、このクラス撤退を決めているメーカーも多く、トヨタが今後どうするか注目でしょう。


DSC_0157_R.jpgDSC_0158_R.jpgDSC_0159_R.jpg
GRシリーズ。
86はちょっと今気になる存在。


DSC_0160_R.jpgDSC_0161_R.jpgDSC_0162_R.jpg
SUVのコンセプト。
生産終了となるFJクルーザーの後継でしょうか。
これが次期デリカといわれても違和感がないような。


続けて隣のダイハツへ。

DSC_0164_R.jpgDSC_0165_R.jpgDSC_0166_R.jpgDSC_0170_R.jpgDSC_0168_R.jpg
コンセプトモデル各種。

DSC_0167_R.jpg
そして個人的に一番注目だった初代ミゼット。
そろそろミゼットⅢを出しませんか?ダイハツさん。


ポルシェ。

DSC_0172_R.jpg
DSC_0173_R.jpgDSC_0174_R.jpgDSC_0175_R.jpg
911 GT3とレース用のカップカー。

DSC_0176_R.jpg
718ケイマンS

DSC_0177_R.jpgDSC_0178_R.jpg
パナメーラE-ハイブリット。
ポルシェですら電動化というのは、何やら複雑な心境。

DSC_0179_R.jpgDSC_0180_R.jpgDSC_0181_R.jpg
ポルシェ356。
コナンに登場する、ジンの愛車なので知っている人も多いのでは。
なお写真のはスピードスター(オープン)なので仕様は違いますが、名車のようです。
先ほどのミゼットといい、旧車の展示も目立つようになってきました。


レクサス。
DSC_0183_R.jpg
RC F。
お金に余裕があれば是非所有したい1台。


DSC_0185_R.jpgDSC_0184_R.jpg
LC。
レクサスにもついに高級クーペが。
まだ街中では見たことがありませんが、かなりの存在感です。
Fモデルにも期待したいですね。


DSC_0189_R.jpgDSC_0188_R.jpgDSC_0187_R.jpgDSC_0186_R.jpgDSC_0190_R.jpgDSC_0191_R.jpg
新型LS。
長きの沈黙を破っての新型登場。
このクラスの争いはし烈ですが、市場をリードしてほしいですねぇ。
しっかし厳つい顔だw

DSC_0193_R.jpgDSC_0194_R.jpg
そのLSのコンセプトモデルも展示。
LS+ということですが、その中身は如何に?
電動化や燃料電池ということか?


三菱。

DSC_0195_R.jpgDSC_0196_R.jpgDSC_0197_R.jpg
エクリプスクロス。
三菱はSUV一本という雰囲気。
アウトランダーとの違いがわからん。

DSC_0198_R.jpgDSC_0199_R.jpgDSC_0200_R.jpgDSC_0201_R.jpgDSC_0202_R.jpgDSC_0203_R.jpgDSC_0204_R.jpgDSC_0205_R.jpg
e-EVOLUTION。
三菱得意のEV+SUVの組み合わせ。
SUVでスポーツ、コンパクト、EVなんかを取りそろえるつもりかね?三菱は。
SUVの人気が一過性でなければいいけど。


フォルクスワーゲン。
DSC_0207_R.jpgDSC_0208_R.jpgDSC_0210_R.jpgDSC_0209_R.jpgDSC_0211_R.jpg
アルテオン。
フォルクスワーゲンの最上級セダン。
パサートCCの後継?
フォルクスワーゲンのセダンはいまいち存在感がないよなぁ・・・
デザイン的にも特にみるべき点はないし。このクラスは素直にアウディに任せたほうがいいのでは。

DSC_0212_R.jpg
up!GTi
最小のフォルクスワーゲンにGTIグレードが!
3ペダルMTのようですし、ちと気になる存在ですな。

DSC_0213_R.jpgDSC_0214_R.jpg
フォルクスワーゲンの電動化軍団。
GTEはPHEV車、e-〇〇はEV車となる模様。
このあたりのラインアップの早さはさすがといったところ。


DSC_0216_R.jpgDSC_0215_R.jpgDSC_0217_R.jpgDSC_0218_R.jpgDSC_0219_R.jpg
こちらはコンセプトモデル。
かつてのマイクロバスのようなモデル。
どうやら本格的に市販を検討中の模様。
これぞフォルクスワーゲンといった感じで、どうのような市販モデルとなるか楽しみ。


DSC_0220_R.jpg
最後におまけにゴルフR。


アウディ。
DSC_0221_R.jpgDSC_0222_R.jpg
R8。
デザインは旧型のほうが好き。
存在感は兄弟車のウラカンが上。
実車の存在感は確かにあるんだけど、周りが強敵すぎて地味に見える不思議。

DSC_0223_R.jpgDSC_0224_R.jpg
RS4アバント、そしてRS5。
R8やRS系はアウディスポーツとして別ブランド化したようです。
RS4なんてA4の皮をかぶった別ものですからねぇ。


DSC_0227_R.jpgDSC_0226_R.jpgDSC_0225_R.jpg
Q8コンセプト。
アウディのSUVは正直どれも同じ顔に見える・・・


DSC_0232_R.jpgDSC_0231_R.jpgDSC_0230_R.jpgDSC_0229_R.jpg
A8の新型。
地味ですがアウディらしいデザイン。
隣に立っているお兄さんは人形です。やたらリアルでしたがw


DSC_0235_R.jpgDSC_0234_R.jpgDSC_0233_R.jpg
Elaine。
こちらも人工知能をもったクルマ、の模様。
こういったクルマは見るだけでは良さがわからないので、今後はどう見せるか、も課題になってきそうですね。


ルノー
DSC_0236_R.jpgDSC_0237_R.jpg
ルーテシアとメガーヌ。
ルノースポールはデザインも価格も魅力。
ルーテシアは後席がかなりの狭さだったので、メガーヌのサイズ感のほうがよさそう。

DSC_0238_R.jpgDSC_0239_R.jpg
F1も。


日産。
DSC_0242_R.jpgDSC_0241_R.jpgDSC_0240_R.jpg
新型リーフのnismo仕様。
カッコはいいですが、走りはあまり期待できなさそう。
nismoの安売りはいかがなものか。

DSC_0243_R.jpg
GT-R。
既に完熟の域にあるGT-R。
次期型の姿形が見えてきていないのでもう少し頑張ってもらうつもりでしょうか。
相変わらず人だかりがすごかったですね。

DSC_0244_R.jpg
セレナ e-power。
ノートで人気のあるe-power仕様がついにセレナにも登場する模様。
むしろセレナにとどまらず、キューブやジュークなど放置を食らっている車種にも展開したらどうかね。
どうせ日本向けの車種なんてしばらくは出さないんでしょうし。


DSC_0245_R.jpg
ノートe-powerのnismo仕様。
CPUにも変更があるらしいのでちと気になる存在。
ガソリン版にはMTもあるのもいいですね。


DSC_0246_R.jpgDSC_0247_R.jpg
ステージではコンセプトモデルと新型リースを使ってのショウが行われていました。
ただ、実際にクルマを動かしていたこと自体はよかったのですが、
自動運転の性能を確かめることまでには至らなかったのが実に惜しい。
その場で手放しで縦列駐車をやってのけるくらいはやってほしかった。

DSC_0248_R.jpg
スカイライン。
もはや日本市場をまったく無視した作りとなっている歴史あるクルマ。
カッコはいいんだけど、エンブレムの違和感やアメリカを意識したサイズがなぁ。


日産は相変わらず「運転支援システム」を「自動運転」と言い切ってますね。
これはステージ中もCMの中でも同じです。
今はまだ自動運転自体認められていないのに、そういう物言いはまったくもって理解できません。
正しい情報を伝えるのは自動車メーカーの義務だと思うのですが、
一向に訂正する気配がないのは、今話題になっている検査の不正のときと同じく一種の開き直りがあるような気がします。
一度持たれた疑いや疑念はそう簡単に拭えるものじゃないことは理解してほしい。


スバル。
DSC_0249_R.jpg
XVのコンセプト。
上にはなんとテントが。すごい発想をするもんだ。


DSC_0253_R.jpgDSC_0252_R.jpgDSC_0251_R.jpgDSC_0250_R.jpgDSC_0254_R.jpgDSC_0255_R.jpg
VIZIVコンセプト。
次期WRXか?MTは残るのか?EJエンジンは?
色々気になる点は多いです。


DSC_0265_R.jpgDSC_0261_R.jpgDSC_0260_R.jpgDSC_0256_R.jpg
BRZ GT300仕様。
やはりカッコいい。
撮影会が始まってしまったので撮影には一苦労。


DSC_0266_R.jpgDSC_0267_R.jpgDSC_0268_R.jpg
スバルお得意の限定車S208。
限定450台。お値段およそ700まんえん・・・
ほしい、けど高い・・・


ブリジストン。
DSC_0269_R.jpgDSC_0270_R.jpgDSC_0271_R.jpg
DSC_0273_R.jpg
アストンマーチンのDB11そして、ソーラーカーが展示。
今回輸入車が少なめだったのでうれしい限り。


スズキ。
DSC_0276_R.jpgDSC_0277_R.jpgDSC_0278_R.jpgDSC_0279_R.jpg
ハスラーの登録車。次期スペーシア。そして、EVのコンセプト。
白ナンバーハスラーは人気が出そう。

DSC_0280_R.jpg
新型スイフトスポーツ。
1.4リットルのターボと6MTに安全装備がついてなんと200万を切る価格を実現!
しかも重量は1トンを切る軽量さ。
この辺はさすがスズキといったところでしょう。

DSC_0281_R.jpg
スズキは2輪もあったのでまとめて。


ホンダ。
DSC_0285_R.jpg
レジェンド。
アメリカ向けのため、日本では死に体同然か。

DSC_0282_R.jpgDSC_0283_R.jpgDSC_0284_R.jpgDSC_0286_R.jpg
NSX。
なんだかんだでその存在感は圧倒的。
いまだに遭遇したことはない。


DSC_0287_R.jpg
S660の特別使用車。
このクルマ本当に小さい。でも楽しそう。

DSC_0288_R.jpgDSC_0289_R.jpgDSC_0290_R.jpgDSC_0291_R.jpg
ホンダの各種モータースポーツ。
F1は結果出さずに撤退だけはしてほしくないなぁ。

DSC_0292_R.jpgDSC_0294_R.jpgDSC_0295_R.jpg
スーパーカブ。
左から旧型、新型、新型のオフロード仕様。
さ、これ乗って札幌に帰るか。


DSC_0296_R.jpgDSC_0298_R.jpgDSC_0299_R.jpgDSC_0300_R.jpgDSC_0301_R.jpgDSC_0303_R.jpgDSC_0302_R.jpgDSC_0304_R.jpgDSC_0305_R.jpgDSC_0306_R.jpgDSC_0307_R.jpgDSC_0308_R.jpg
ホンダのEVコンセプト各種。
まだコンセプト感がすごい強く、意思表明だけという感じ。


DSC_0310_R.jpgDSC_0311_R.jpg
クラリティのPHEVと新型CR-V。
CR-Vは悲しいくらいの注目の低さでした。
ホンダは注目車とそうじゃない車の差が激しいような。。。


DSC_0312_R.jpgDSC_0313_R.jpg
新型シビックタイプR。
先代は限定販売だったが今回は普通のシビックも含めてカタログモデルに。
まぁ、売れるかどうかはビミョウですが、タイプRは気になる存在。
普通に購入可能な領域なのでこれからもチェックしていくつもりです。
ただ、この派手派手な外観やドでかいウィングはちょっとなぁ。


ヤマハ。
DSC_0314_R.jpgDSC_0315_R.jpgDSC_0316_R.jpgDSC_0317_R.jpgDSC_0318_R.jpg
前回もそうでしたが、ヤハマは2輪以外にも4輪や3輪を積極的に出展しています。
特に4輪については結構気になってるんですが、いつ頃市販するんでしょうかね?


アルピナ。
DSC_0319_R.jpg
DSC_0320_R.jpg
TMS常連のアルピナさん。
もはや多くは語るまい。


マツダ。
DSC_0329_R.jpgDSC_0328_R.jpgDSC_0327_R.jpgDSC_0326_R.jpgDSC_0325_R.jpgDSC_0324_R.jpgDSC_0323_R.jpgDSC_0322_R.jpg
魁コンセプト。
ここから見えるのは次期アクセラでしょうか。
新型CX-5に共通する鋭い目付きを与えられており、素直にカッコいい。
注目となるスカイアクティブXが搭載されるのもアクセラからといわれているので、これは楽しみです。


DSC_0321_R.jpgDSC_0330_R.jpgDSC_0331_R.jpg
新型CX-8。ロードスターRF。ロードスター。
CX-8のディーゼルは改良版ということでスペックが強化されている模様。
いずれアテンザあたりにも展開されるかな?


DSC_0332_R.jpgDSC_0333_R.jpgDSC_0334_R.jpgDSC_0335_R.jpgDSC_0336_R.jpgDSC_0337_R.jpgDSC_0338_R.jpgDSC_0339_R.jpgDSC_0340_R.jpgDSC_0341_R.jpgDSC_0342_R.jpgDSC_0343_R.jpgDSC_0344_R.jpgDSC_0345_R.jpgDSC_0346_R.jpgDSC_0347_R.jpgDSC_0348_R.jpgDSC_0349_R.jpg
ビジョンクーペ。
美しいデザインですな。このまま、とはさすがにいかないでしょうが、
大人が乗っても様になる流麗なクーペが欲しですね。ブランドイメージ強化には。
問題はエンジンルームに何が入るのか?という点。
ロータリーか?EVか?PHEVか?


BMW。
DSC_0350_R.jpg
こういうスーパーカースタイルのクルマはやはり心躍りますなぁ。
バタフライドアもポイント高し。

DSC_0351_R.jpgDSC_0352_R.jpgDSC_0354_R.jpg
Mシリーズ。
左からM4、M2、M5。
M2は運転席にも座ってみました。
DSC_0353_R.jpg
なんというか包まれ感が強く、「いいクルマ」だというのがヒシヒシと伝わってきました。
お値段およそ800万ですが、ぜひとも欲しい1台。
中古ならなんとかなるかな・・・


DSC_0355_R.jpgDSC_0356_R.jpgDSC_0357_R.jpg
8シリーズのコンセプト。
かつてあった高級クーペの復活ですね。
レクサスLCといい、このクラスも勢いが出てきそうですね。
買えないけど。


DSC_0358_R.jpgDSC_0359_R.jpgDSC_0360_R.jpg
Z4コンセプト。
BMWの次期型はこんな釣り目になっていくのでしょうかね。
かなりカッコいいのでこの路線はありですね。
トヨタと共同開発で、トヨタ版はスープラになるとの噂もあるのでそちらも期待しましょう。


メルセデスベンツ。
DSC_0361_R.jpgDSC_0362_R.jpgDSC_0363_R.jpgDSC_0364_R.jpgDSC_0365_R.jpgDSC_0366_R.jpg
ベンツのEVコンセプト。
サイズ的にはAクラスくらいかな?

DSC_0367_R.jpg
AMG GT。


DSC_0368_R.jpgDSC_0369_R.jpgDSC_0370_R.jpg
AMG Project One。
見た目はスーパースポーツ。中身はF1。
間違っても空は飛ばないようしてほしいもんです。

DSC_0372_R.jpgDSC_0371_R.jpg
こっちはホンモノのF1マシン。


DSC_0374_R.jpgDSC_0373_R.jpg
スマート。
EVやシティコミューターはスマートブランドが展開できるのがダイムラーの強み。
ちと価格が高い気もするけど。


プジョー。
DSC_0375_R.jpg
DSC_0376_R.jpg
DSC_0377_R.jpg
今回はコンセプトもなければスポーツモデルや限定モデルもなく寂しい内容でした。


DS。
DSC_0378_R.jpg
なぜかシトロエンと別の場所に展示されていたDSブランド。
展示は地味すぎて見どころなし。


ほかに気になったものをいくつか!

DSC_0379_R.jpgDSC_0380_R.jpgDSC_0381_R.jpgDSC_0382_R.jpg


以上!
今これを書いている間に日付が変わりました。

今年は目玉と呼べる目玉がなかったような気がしますが、
なんだかんだで楽しめました。
上でも述べたように今後は見せ方に工夫を凝らす必要がある気がしてなりません。
止まってるクルマではなく動いているクルマを見ることができるようになることを望みます。


疲れた。
明日はゆっくりまったりしよう。
では、また。

殺駆三兄弟

 ホント久しぶりのドット絵投稿。
3体同時公開じゃい。





やっぱこいつらは3人セットじゃないとね。
1体だけ、というのはまったく考えていなかった。

64×64のサイズに収めるという目標は達成したものの、なんかキャラの角度がマチマチで統一感がなくなってしまったのがちと残念。
今更描き直しも無理なので妥協しました。

なんか台風が来てることもあって1日中引きこもってたら、案外描けるもので。
次の更新は何年後になるかな?



さて、GT Sports 面白いけど、コンテンツが少なすぎない?
クオリティを追求するのはいいけど、遊び方の提案がなさすぎるような。
今後のアップデートで改善されるといいんだけど、それならなんのための延期だったのかと。
期待してるからこそ色々言っていきたいと思います。

では、また。

GT Sports ベータ版

 発売まであと少し。
ようやっとベータ版(体験版)をプレイすることができました。

車は自分では買えず、プレゼントカーを一部もらえるのみですが、
オンライン対戦ではある程度クルマを選べることができるのでいいですね。

今までのGTとは違い、各クルマがカテゴリー分けされており、
レースもそのカテゴリーごとのクルマでのみ競うわけですね。
とはいえ、そこはバランス調整ということでBOPが用意されているのですが、
ゲームならその辺は気軽に調整ができるので利点ではあるでしょう。

まだ走れるコースも限定されているので、とりあえず雰囲気だけでもとオンライン対戦を3戦ほどこなしましたが、
以前のようにクルマがワープすることもなく、回線は安定していたように思います。
きっちり予選のタイムでスターティンググリッドが決定しますし、
他車への追突などを繰り返していると評価が下がり、評価が下がった者同士としかマッチングしなくなるなど
定番ではありますが、オンライン対戦を主軸に据えていることがうかがえます。
まぁペナルティ判定は完全にコンピューター任せなので納得いかなくても抗議はできないんですが。

私は依然コントローラでしかも十字キー操作、視点は上から見下ろすチェイスビューなのですが、
今回ボタン半押しは対応していない?そしてチェイスビューのタコメーターが最悪じゃない?
メーター類は数種類から選べるようにしてほしいなぁ。
ロードスターみたいな低パワーなクルマがレーシングカーみたいなメーターというのはさすがに・・・

製品版はDL版を既に予約済み。
待ちに待たせおって・・・ ま、いつものことですが。


と、今月のフリプはMGS5!
PS3版をトロコンまでやっているのですが、PS4版は別トロフィー!
というわけでまったり2週目再開中。
さすがにトロコン目指すとプレイ時間が軽く100時間以上必要なので、適当に満足するまでになるかな。
GT Sportsがどれだけ満足いくデキになっているかにかかってますな。

では、また。

Appendix

プロフィール

coyocoyo

Author:coyocoyo
車、ガンダム、ゲーム、プラモ、野球好き。
愛車 RX-8 タイプRS
(先代 インテグラType-R 98spec)
購入したプラモ 数え切れず
ドット絵が割と好き
ドットページ(ガンダム)へのリンク
三国志大戦 動画(you tube)




このブログはリンクフリーですので
貼るも剥がすもご自由にどうぞ

天下無双

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索